写真や動画を撮影することでお金を得ることが出来るお仕事にドローン空撮で収入を得るという手法があります。これは、カメラを搭載しているドローンにて写真撮影または動画撮影を行い収入とすることを指します。この副業につくためにはサポートを受けるのが望ましく、ドローン養成スクールなどに通うことが望ましいです。

その理由ですが、ドローン自体は、誰でも飛ばすことが出来るのですがドローンを飛ばす許可を得るためにはきちんとドローンを操縦することが出来る証明書を持っている方がドローンを使用しての撮影を行う許可が下りやすいのです。ドローンは、飛行が規制されているエリアにおいては飛行許可を取る必要性があります。

この飛行許可の申請を行う際、ドローンをうまく飛ばすことが出来る証明書があれば、飛行許可が下りやすいためドローン養成スクールは免許取得をサポートする形で営業をしているわけです。

逆に言ってしまえば、ドローンの操作を学ぶスクールを趣味の延長として副業にて行うことも可能なため、ドローンスクール開設者がきちんとドローンの操縦免許さえあれば教官としてドローンの操縦法を学ぶスクールを開校することも可能です。

つまりドローン撮影で収入を得る手法は2つあり、一つ目は自分でドローンを飛ばして空撮にて写真、動画を撮る手法で収入を得ることになり、もう一つはドローン教室を運営し教官となることです。両者ともに共通しているのはドローンを操縦することになりますので、ドローンをうまく扱えないと免許取得は難しいのが難点になります。

しかし、免許を取得することで飛行可能区域が増えるのも事実であるため現在でもドローンスクールは開設されているのはそうした、ドローンで空撮をして収入を得たい方々に向けて資格の取得と言う形でスクールを経営しているということです。

次に肝心の収入面でのお話ですが、ドローンにて空撮を行う側のお給料ですが月収で30万円当たりが相場となっており、主な活躍場所は建設現場での空撮による現場撮影の他動画撮影などがあり、他にも旅行会社のプロモーションビデオ作成に協力するなどがあり、お仕事はその日で終了する物が多いです。

本業との合間に副業としてやることが可能で、自営業でドローン撮影を行いますので、自己でスケジュールを管理できる人向けの副業がドローン操縦士のお仕事で、主なお仕事は空撮になります。ドローンスクールについては、副業ではなく本業扱いになる可能性がありますので、こちらについては副業として行うのは難しいと判断します。