ネット副業は、自宅にあるパソコンなどを使って気軽に行えるため、現在人気のある副業スタイルだと言えます。しかし、ネット副業を始めるにあたって気を付けておきたいこともいくつかあるため、ここでは3つの注意点を紹介します。

1つ目の注意点は、「詐欺に騙されないようにする」ということです。最近はネット副業を始める人が多いのですが、そうした人たちを狙った詐欺的な商売も増えています。例えば、稼げるノウハウを伝授する対価として不当に高額な代金が請求されてしまうケースや、副業に必要という理由で何かの商品を高額で売りつけるというケースなどが見られます。
特に、何かをすれば簡単に儲けられるといった甘い言葉には気を付ける必要があるでしょう。一般的に、ネット副業で簡単に月10万円以上稼ぐのは難しいと言われているので、月何十万円も稼げるといった類のものは警戒しておいたほうがよいと言えます。
こうした話は一見魅力的だったり、仕事をするためには仕方ないと考えてしまいがちですが、そもそも仕事をするのにお金が必要になること自体がおかしいと疑問を持つべきです。もちろん、スキルを得るためにお金をかけることが必要になる場合もありますが、そうした投資をするにしても、生活にあまり影響のない範囲にとどめておくことが重要です。

2つ目の注意点は、「税金の手続きを忘れないようにする」ということです。ネット副業などの副業をする場合、ある一定の収入を超えると確定申告を自分で行う必要が出てきます。副業の確定申告には20万円ルールというものがあり、副業の年収が20万円以下であれば確定申告をする必要はありませんが、それを超える場合は申告をする必要があるのです。年収20万円は、1カ月あたりだと1万7000円程度になるため、毎月それぐらい稼げるようになったら、確定申告のことを考慮するようにしましょう。

3つ目の注意点は、「スケジュール管理をしっかりする」ということです。ネット副業は、自分以外に仕事のスケジュールを管理してくれる人がいませんし、本業をしながらの仕事なので使える時間も限られてしまいます。特に納期が設けられている仕事を請け負う場合は、仕事を増やしすぎると納期に間に合わないという事態に陥ることもあるので注意が必要です。
それに納期までに納品できないと、相手の信頼を失い、次の仕事を貰えなくなることもありますし、その信頼を回復させるためには長い時間がかかってしまいます。そのため、仕事やスケジュール管理に慣れるまでは、余裕を持った仕事量にとどめておくほうが無難だと言えるでしょう。